to top

花火の基礎知識

花火とは

花火は、火薬取締法という法律では「煙火」と呼ばれており、火薬類を燃焼・爆発させ、光(色)、音、そして煙を発生させるもので、現在では一般的な鑑賞に用いられるほか、合図や信号としても使われています。

煙火を大きく分類すると”玩具花火”、”煙火”の2つになります。さらに煙火を分類すると、(1)打上煙火、(2)仕掛煙火、(3)その他の煙火に分けられます。ちなみにその他の煙火には、鳥獣駆除用煙火などがあります。

花火の打ち上げ方

単発打ち上げ
単独の打ち上げ筒に打ち上げ火薬と花火玉を入れ、速火線、電気によるほか、火種(落し火)を落し1発ずつ打ち上げる。
連続打ち上げ(振り込み式等)
複数の打ち上げ筒に打ち上げ火薬と花火玉を入れておき、速火線、導火線、電気によるほか、筒上部から火種(銀滝の火花)を落し、連続して打ち上げる。
連発打ち上げ(焼金式早打ち)
*打ち上げ筒に火種(灼熱状態に加熱した鉄製の焼金)を入れておき、あらかじめ打ち上げ火薬を取り付けた花火玉を手で落とし連続して打ち上げる。
スターマイン(速射連発方式)
*花火玉を使用する仕掛花火であって、大小多数の花火玉を連続して打ち上げ、まとまった効果を現すものであり、花火玉以外の花火と組み合わせる事もある。導火線または電気により遠隔点火で点火する場合が多く、リズム(間合い)を重視する演出が必要であり、最近はコンピュータ式点火器を使用し、音楽とシンクロさせる方法もとられています。

玉の大きさと花火の大きさ

*

花火消費時における保安距離(岡山県)

保安距離
玉の大きさ 1級
(第1種地区相当)
2級
(第2種地区相当)
3級
(第3種地区相当)
7.5cm以下半径100m半径50m半径50m
9cm以下半径140m半径100m半径70m
12cm以下半径150m半径100m半径75m
15cm以下半径200m半径200m半径100m
18cm以下半径200m半径200m半径100m
20cm以下半径200m半径250m半径130m
  • 上記は打上煙火及びスターマインに適用する
  • 信号用煙火については、上の表の1/2以上とする
  • 仕掛煙火(スターマインを除く)については、20m以上とする
  • 玉の大きさが24cmを超えるものについては別途協議すること
【第1種地区】・・・・・人家等が密集し、かつ観衆が多数の地区
(1) 1級の保安距離がある時は、玉の内容、打上の方法を制限しない。ただし、吊物は別途考慮する。
(2) 玉の内容、打上の方法を制限する時は、2級の保安距離でよい。
【第2種地区】・・・・・人家等が密集し、観衆が少ない地区又は人家等が少なく、観衆が多数の地区
(1) 1級の保安距離がある時は、玉の内容、打上の方法を制限しない。ただし、吊物は別途考慮する。
(2) 1級〜3級の保安距離間に、人の住まない耐火性建築物、発注者所有の建築物のみの時は、2級の保安距離でよい。
建築物が耐火性でなくても、消費の為に、特に考慮のある時は差し支えないものとする。
【第3種地区】・・・・・人家、観衆ともに少ない地区
(1) 2級の保安距離がある時は、内容物の制限しない。ただし、吊物は別途考慮する。
(2) 2級〜3級の保安距離間に、耐火性建築物(消費のために特に考慮のある時は、耐火性でなくてもよい。)、発注者所有の建築物、所有者の承諾のある建築物のみの時は、3級の保安距離まで縮小してよい。
【保安距離基準に関する特例】
(1) 交通制限が可能な道路は保安物件とみなさない。
(2) 玉に矢羽根状の曲などをつけて確実に方向性を持たせることができ、かつ、黒玉防止に特別な配慮がされており、それが確実に有効と認められる場合は第1種〜第3種地区内を問わず第3級の保安距離でよい。