to top

花火の種類

玉の種類

打ち上げ花火は大きく分けると「割物」、「ポカ物」「曲付(曲導付)」の3つに分類されます。

割物
割物とは、星(光や色彩、煙を出す部分の火薬)を割火薬で四方八方に飛ばす仕組みです。
代表的な物は、菊物、牡丹物、芯物、型物などがあります。
ポカ物
ポカ物とは、玉が上空に達した時にその名の通り、くす玉のようにぽかっと2つに割れて色々な内容物を放出させる花火の事です。
代表的な物は、音物、小花物、柳物、吊物などがあります。
曲付(曲導付)
曲付(曲導付)とは、玉が上空へ昇って行く途中で、色々と現象を現す花火玉のアクセサリーみたいなものです。
代表的な物は、昇り朴、昇り笛、昇り小花などがあります。

玉名

玉名とは、打ち上げ花火一発ごとにつけられた日本独特の花火の名前の事です。この玉名の付け方には一定の決まりがあり、その花火玉が打ち上がってから消えるまで、どういう現象を現すかを表現するもので、歌舞伎の題名にも似ており、花火の内容や開いた時の情景を玉名で正確に思い描く事が出来るようになると、見る楽しみも倍増し、まさしく花火通と言えるでしょう。

基本的な玉名

*

打ち上げられて火の花が丸くぱっと開き、星が中心から尾を引いて広がり、その先で紅なり銀なりの光を発光する

*

芯入

菊などの花の中に一つの芯があるもの

*

八重芯

芯入で二重の芯になっているもの

*

椰子

太い花弁を椰子の葉のように開かせるもの

*

千輪

一つの玉の中に小さな玉がたくさん入っていて、小さな花が一斉に咲くもの

*

型物

球状に咲く花ではなくUFOや顔型、ひまわり、魚など色々な形状を表現するもの